髪を大事にしたい理由。20年後には圧倒的な違いがでちゃう!?

白髪染めについて調べる前に、まずは白髪がどんなものかということを知っておきましょう。

白髪は、年齢を重ねていくと必ず増えてくるものです。人間誰しも、年を取っていくのには変わりがありません。ですが、白髪に関しては増えてくる年齢も個人差があります。若くしても白髪が多い人もいますし、年をとっても比較的黒髪を保っている人もいます。この差は一体なんなのでしょうか。
白髪に関しては、やはり遺伝的な要素が関係していると考えられていますが、必ずしもそればかりではありません。

髪がキレイな人と早期に白髪になってしまった人の違いって?

まずひとつめに、チロシン不足が挙げられます。髪の黒い色素はメラニンですが、このメラニンの元となるのがチロシンという栄養素です。ですので、チロシンが不足することで白髪に繋がる可能性があります。チロシンを多く含む食べ物といえば、チーズや大豆などに含まれます。髪と言えばワカメのイメージでしたが、チーズや大豆なども合わせて摂取するように心がけましょう。

また、化学物質が体内に蓄積することも白髪の原因にもなり得ると言われています。化学物質とは、過酸化水素のことです。過酸化水素は、我々人間が通常に呼吸をすることで発生するものです。その他で考えられるのは、食品や歯磨き粉などの日用品です。食品は、コーヒーや紅茶、ウーロン茶などの原因が考えられ、歯磨き粉でもホワイトニング効果のあるものなどに過酸化水素が使用されています。これらに該当するものをいつも摂取している場合は、注意しておきたいものです。